【新宿・他】生地がユニーク『ベーカリー&レストラン 沢村』感想


【新宿・他】生地がユニーク『ベーカリー&レストラン 沢村』感想 - 東京パン

どうも!さちおです。

本日のパン歩(ぱんぽ)は新宿エリアにて、JR新宿駅 南口方面(新南口)に新しくできた商業ビル『NEWoMan(ニューマン)』にある『ベーカリー&レストラン 沢村』に行ってきました↓↓↓

参考:ベーカリー&レストラン 沢村(食べログ)

前回の『ル パン ドゥ ジョエル・ロブションNEWOMAN新宿店』と同じく『NEWoMan(ニューマン)内にあるのですが、ロブションのある入り口から行くと遠回りになるので注意です。

JR新宿駅 南口からだと、『バスタ新宿』正面右手のわき道からが近道↓↓↓

【新宿・他】生地がユニーク『ベーカリー&レストラン 沢村』感想 - 東京パン

ここが正式な道順ではなさそうですが↓↓↓

【新宿・他】生地がユニーク『ベーカリー&レストラン 沢村』感想 - 東京パン

地上に出た場合はこちらが近いです↓↓↓

【新宿・他】生地がユニーク『ベーカリー&レストラン 沢村』感想 - 東京パン

地図の下側が今ナウで↓↓↓

【新宿・他】生地がユニーク『ベーカリー&レストラン 沢村』感想 - 東京パン

そこから入って右奥がお店になります。

もしくは、おそらくこちらが正解の順路↓↓↓

【新宿・他】生地がユニーク『ベーカリー&レストラン 沢村』感想 - 東京パン

新しくできた『新南改札』を出て右へ↓↓↓

【新宿・他】生地がユニーク『ベーカリー&レストラン 沢村』感想 - 東京パン

ちょっと歩いた右手に入り口↓↓↓

【新宿・他】生地がユニーク『ベーカリー&レストラン 沢村』感想 - 東京パン

ここです↓↓↓

【新宿・他】生地がユニーク『ベーカリー&レストラン 沢村』感想 - 東京パン

地図の下側が今ナウで、入ったすぐ左右がお店という感じです。

まずは看板をチェック↓↓↓

【新宿・他】生地がユニーク『ベーカリー&レストラン 沢村』感想 - 東京パン

店先の看板は、人気メニューや新商品、自信のあるメニューが書いてあるので選択の目安になります。

そして、店舗内に入って左手にカフェスペース↓↓↓

【新宿・他】生地がユニーク『ベーカリー&レストラン 沢村』感想 - 東京パン

右手にベーカリースペースです↓↓↓

【新宿・他】生地がユニーク『ベーカリー&レストラン 沢村』感想 - 東京パン

雰囲気めっちゃ良い♪

ディスプレイを見ると、端から端まで食べてみたくなるパンでいっぱいです。

正直、どれにしようかこんなに迷ったことは無いというくらいに美味しそうなパンがいっぱいでした。

これは、友達を連れてきて色々買ってシェアするのが良いと思います。

僕は一人だったのですが、2~3個で済ませるのは惜しいのでこれだけチョイス↓↓↓

【新宿・他】生地がユニーク『ベーカリー&レストラン 沢村』感想 - 東京パン

美味しそうでしょ?

ベーカリーコーナーにもイートインスペースが5~6席(8席?)あり、コーヒーなどのドリンクも購入できます。

お願いするとパンを温めてくれるのでお願いしましょう。

と言うわけで、まずはこちらから↓↓↓

【新宿・他】生地がユニーク『ベーカリー&レストラン 沢村』感想 - 東京パン

『ベーコンエピ(260円)』。

シンプルなベーコンエピですが、なんとなく異彩を放っているベーコンエピだなと↓↓↓

【新宿・他】生地がユニーク『ベーカリー&レストラン 沢村』感想 - 東京パン

形も独特で、生地の厚みなど全体的なバランスが独特なベーコンエピです↓↓↓

【新宿・他】生地がユニーク『ベーカリー&レストラン 沢村』感想 - 東京パン

ベーコンに対して生地は少なめという印象、と言うか全体的に小ぶりだなと。

食べてみると・・・「あれ?」。

ベーコンエピは大概、カリッと来てモチっとしてベーコンの脂がジュワ~って感じですが、これは生地が違うなと。

まったく「モチ」っとはしておらず、「ふぉろふぉろ」というか「ふぉしゅふぉしゅ」というか、まったく新しい食感のところにベーコンの旨味が流れ込んでくる感じ。

「ベーコンを引きたてる生地」みたいな感じかな?

とにかく、今までに食べたことない食感の生地です。

なんかこう、「新ジャンル」的な食感は「これはこれで良い」みたいな。

なんだこりゃ?

美味しいんですよ。でも、「モチっとしたのが好きな日本人に媚びない私」みたいな自信のみなぎるパンです。

新しい!!

散々色んなベーコンエピを食べてきましたが、久しぶりにフックのあるベーコンエピに出会えたなと。

好きです!!

これは、エピ好きは要チェックだなと。

そして次↓↓↓

【新宿・他】生地がユニーク『ベーカリー&レストラン 沢村』感想 - 東京パン

『クロワッサン(240円)』。

特選発酵バターとフランス産小麦を使用した、香り豊かな層のクロワッサン↓↓↓

【新宿・他】生地がユニーク『ベーカリー&レストラン 沢村』感想 - 東京パン

凛としたクロワッサンは、食べる前から美味しいと味覚が応えます。

そして、見てこの断面↓↓↓

【新宿・他】生地がユニーク『ベーカリー&レストラン 沢村』感想 - 東京パン

これまた見たことのない断面。

外側からの焦げたグラデーション部分が薄く、残り全てが黄色く均等な気泡。

大抵のクロワッサンは、外側から内側にかけてだんだんと白くなっていくものなんですが、このクロワッサンはいきなり黄色でずっと黄色なんです。

つまり、食感がハッキリ分かれているということ。

外側約5ミリのサクッと層と、残り全部がしっとり?モチっと?な層。

これはクロワッサン好きなら興味が沸く断面なんじゃないかなと。

「おぉ!!ナニこれ!?」

外側はホロホロ感が少ない分サクッと感が強いですが、この内側の層が変わってるんです。

モチモチもサクサクもしてない、しっとりと言うより「ふぉろふぉろ」してる!!!

これまた、さっきのエピと同じ(だけど違う)変わった食感の生地ですよ。

噛むと、「モチ」っとなるじゃなくて「ふぉろ」っとする。

なんだろう?美味い例えが浮かばないですが、「ほろほろ」じゃなくて「ふぉろふぉろ」。

「ほろほろ」に「しっとり」を足して「ふぉろふぉろ」みたいな。

伝えるのが難しいので食べてみてください。

「ふぉろふぉろ」の意味が分かると思います。

新食感クロワッサンっ!!

そして次↓↓↓

【新宿・他】生地がユニーク『ベーカリー&レストラン 沢村』感想 - 東京パン

『桜のCUBE(260円)』。

最近気になってる「小さい食ぱん」シリーズの桜ver↓↓↓

【新宿・他】生地がユニーク『ベーカリー&レストラン 沢村』感想 - 東京パン

上に塩漬けの花と、中には甘く煮た小豆。

正直言うと、小豆が入った食ぱんは「もっそもっそ」して食べにくいので、すぐに飽きちゃうからあまり好きじゃないんですよね。

だけどこれは違うの。

このサイズだからできる「飽きさせない工夫」。

食べ進めていって「そろそろ飽きたかな」というタイミングで「桜の葉の塩漬け」が登場する演出。

あまじょっぱさで、また食が進むという計算です。

気づけば完食。

あん食パンが好きな人なら、2~3キューブ行けちゃうんじゃないかという「あん食パン」だなと。

「日本茶にも合いますよ」とのことです。

おみごと!

そして、セサミン世代にはたまらない↓↓↓

【新宿・他】生地がユニーク『ベーカリー&レストラン 沢村』感想 - 東京パン

『安納芋のデニッシュ(320円)』。

焼いた安納芋とラムレーズンにアクセントとして黒ゴマを加えた「ほっこり」系デニッシュ↓↓↓

【新宿・他】生地がユニーク『ベーカリー&レストラン 沢村』感想 - 東京パン

割ると、安納芋とレーズンがコンニチハです↓↓↓

【新宿・他】生地がユニーク『ベーカリー&レストラン 沢村』感想 - 東京パン

芋とパンの組み合わせは最強ですが、そこに甘んじない工夫がパンタジー。

ぐるっと底までゴマがセサミンです↓↓↓

【新宿・他】生地がユニーク『ベーカリー&レストラン 沢村』感想 - 東京パン

もう一個食べたい!!

これは、チェックしなきゃいけないパンの・・・って全部チェックだなと。

と、まだまだ食べてみたいパンがあったので、お土産パンを購入して「おうちごパン」↓↓↓

【新宿・他】生地がユニーク『ベーカリー&レストラン 沢村』感想 - 東京パン

パンは、時間が経つと味が落ちるので本日中の召し上がりです↓↓↓

【新宿・他】生地がユニーク『ベーカリー&レストラン 沢村』感想 - 東京パン

『オーガニックミルクスティック(230円)』。

沢村さんのミルクフランスはハード系。

「ミルクフランスはやっぱりハードだよね!だけど、ハードすぎるとミルクが飛び出て食べにくいわぁ」という人に丁度良いちょうどいい固さです↓↓↓

【新宿・他】生地がユニーク『ベーカリー&レストラン 沢村』感想 - 東京パン

オーガニックミルクパウダーで仕上げた濃厚なクリームが贅沢に入ってます↓↓↓

【新宿・他】生地がユニーク『ベーカリー&レストラン 沢村』感想 - 東京パン

「先双糖」の「じゅり」っとした舌触りも良い感じです!

おやつに最適☆

僕は、ミルクフランスはガチハードが好きです♪

そして、最後は↓↓↓

【新宿・他】生地がユニーク『ベーカリー&レストラン 沢村』感想 - 東京パン

『ベリーベリーマフィン(320円)』。

やっぱりベリー好きとしては見過ごせなかったベリーマフィン↓↓↓

【新宿・他】生地がユニーク『ベーカリー&レストラン 沢村』感想 - 東京パン

「ベリー」に「ベリー」が付いてるから、ベリー好きにはベリーベリー堪らないんだとろうなって・・・

「ウマ~~~~(堪)」

これは、こんな夜中に食べちゃいけない美味しさだねって。

ちょっと、お土産パンのチョイスを間違えてしまったさちおさんでした。

「太りますよ。」

と言うわけで、『ベーカリー&レストラン 沢村』さんの個人的な評価は・・・

4.7点

・・・というところでしょうか。

最近では、代々木八幡の「365日」さんが最高得点(4.6点)だったのですが、それよりちょい上という判定です。

365日さんの方がモチモチ系は抜群に良かったのですが、ハード系が弱かったなと。

それに対して、沢村さんはモチモチ系が弱く、と言うより「モチモチ系では無い」のでそこ包容力的な部分は欲しいですが、生地のユニークさと1品1品の工夫とメニュー幅の広さが凄いなと。

あえて「モチ」系を外し、店頭に並ぶメニューは完ぺきにこなすというスタイルはイケパン(イケてるパン屋さん)だなと。

正直なところ、今まで新宿はパン屋が「今一つ」だと思ってたのですが、この「NEWoMan」内のパン屋さんは熱いなと。

前回のロブションさんに続き、沢村さんは新宿パン屋さんのTOP1、2だと思います。

「NEWoMan熱い!!」

NEWoMan内には、パンが食べられるお店があと2つあるので近々行ってみたいと思います。

以上です!

Byさちお

<店舗情報>
ベーカリー&レストラン 沢村 新宿
03-5362-7735
東京都渋谷区千駄ヶ谷 5-24-55 NEWoMan SHINJUKU 2F
URL:http://www.b-sawamura.com