【自由が丘】ミシュランシェフのカレーパン「パントスby3104」感想


【自由が丘】ミシュランシェフのカレーパン「パントスby3104」感想-00

どうも!さちおです。

本日のパン歩(ぱんぽ)は前回に引き続き目黒区エリアにて、自由が丘駅から徒歩5分の場所にあるミシュランシェフが作るパンが食べられる「パントス By 3104」さんにお邪魔しました。

パントス By 3104さんについて

【自由が丘】ミシュランシェフのカレーパン「パントスby3104」感想-01

パントス By 3104さんは、フランスで修業を積んだミシュランシェフ「中村聡司」さんのパン屋です。

中村聡司さんは、パリで一つ星レストランの料理長を務めたことのある凄い方なんです。

この店舗は、夜は「3104」という名前でレストランに、昼は「パントス」という名前でパン屋さんになっています。

店舗の前にテーブルと椅子があってイートインできます。

場所は、自由が丘駅 北口から5分です。

道順は書くと難しいので地図アプリでチェックしてみてくさい↓↓↓

 

パントス By 3104さんのパン

【自由が丘】ミシュランシェフのカレーパン「パントスby3104」感想-03

パントスさんはパン屋さんではなくレストランなので、売られているパンには限りがあります。

上記のパンが基本で、その日によって売られているパンが違っているようです。

時間帯によっては売り切れも多いので、初回は早めに行った方がいいかもしれません。

一押しパンはカレーパンのようです↓↓↓

【自由が丘】ミシュランシェフのカレーパン「パントスby3104」感想-04

他で気になったのは、巨大なクロワッサンですね↓↓↓

【自由が丘】ミシュランシェフのカレーパン「パントスby3104」感想-05

遠近法で大きさが伝わりませんが、25cmくらいの大きさがあります。

どんな味か気になりますね。

ちなみに価格は、1つ1,500円です。

他のパンもどれも美味しそうでした。

ファイナルアンサーの焼きカレーパン(390円)

【自由が丘】ミシュランシェフのカレーパン「パントスby3104」感想-07

今回は、一押しパンの焼きカレーパンをチョイスしました。

パントスさんのカレーパンは、揚げではなく焼きですね。

見た目は揚げっぽくなってるのも面白いですね。

サイズは大きめなので、1個でも十分食べ応えがあります。

パントスさんの焼きカレーパンは、注文してからポテトクリームを注入します↓↓↓

【自由が丘】ミシュランシェフのカレーパン「パントスby3104」感想-06

これもまた他ではない工夫ですね。

ポテトを注入してから温めてくれるのでホカホカで食べられます↓↓↓

【自由が丘】ミシュランシェフのカレーパン「パントスby3104」感想-08

思った以上にポテトが多めなのでお腹が満たされます。

個人的なパントスさんの感想

と言うわけで、パントスさんの個人的な評価ですが・・・

3.6点

・・・と言ったところでしょうか。

さすが、ミシュランシェフなだけあって上品でしっかりとした美味しさでした。

「揚げ」でなく「焼き」なのも、個人的には嬉しいチョイスです。

ただ「料理」としては良いと思うのですが「パン」としては賛否が分かれてしまうかなと。

カレーパン好きの人は、大抵の人が「揚げ」が好きなんですね。

特に、カレーパンは女性が好みます。

なのに「揚げ」が好きという女心です。

そこにカレーの「辛さ」があって、合わさった「刺激」が「THEカレーパン」なのでしょう。

その点においては、パントスさんのカレーパンは真逆になっています。

ルーも美味しいのですが辛くなく、味としてもポテトが勝ってるので「カレーパン感」が弱く感じてしまいますね。

パン職人のパンと料理人のパンの違いというところでしょう。

料理としては美味しいので、一度食べてみるのはいいと思います。

以上です。

Byさちお

パントス by 3104
03-5729-0888
東京都目黒区自由が丘1-3-2 ルーチェ自由が丘 1F
https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131703/13256642/

\ SHARE /

おすすめ関連記事