【東新宿】通うと楽しい個性的なパン屋さん『パン家のどん助』感想

【東新宿】通うと楽しい個性的なパン屋さん『パン家のどん助』感想 - 東京パン

どうも!さちおです。

今回のパン歩(ぱんぽ)は「東新宿」エリアにて、東京メトロ副都心線『東新宿駅』から徒歩4分の場所にある、通うと楽しい個性的なパン屋『パン家のどん助』さんに行ってきました↓↓↓

【東新宿】通うと楽しい個性的なパン屋さん『パン家のどん助』感想 - 東京パン

参考:パン家のどん助 食べログ

都営新宿線・東京メトロ副都心線 東新宿駅A2出口を出て左方向へ、交差点と逆の方向に進みます。

少し進んだところに、右斜め方向に進む坂道があるのでそちらへ、グングン進んで3方向に分かれる道の真ん中を前進した左手にあります。

ちょっとややこしいのでMAPを良く見てください。

大きな看板が目印です。

なにやら、どん助さんにはユニークなパンが沢山あるということで、今日はどんなパンに出会えるかなと↓↓↓

【東新宿】通うと楽しい個性的なパン屋さん『パン家のどん助』感想 - 東京パン

どうやら、今日は「明太子パン3兄弟」が登場ということで、明太子好きの僕には嬉しいタイミングだなと。

ベーグルなんかもあると↓↓↓

【東新宿】通うと楽しい個性的なパン屋さん『パン家のどん助』感想 - 東京パン

どうやら、行くたびにこの看板の内容が変わってて楽しいらしいです。

中に入ると、オーソドックスなパンから見たことない惣菜パンやら、サンドイッチ系も色々豊富にありました。

毎日通っても飽きなさそうなメニューの抱負さ。

色々気になったのですが、今回は初めてなので固いところをチョイス↓↓↓

【東新宿】通うと楽しい個性的なパン屋さん『パン家のどん助』感想 - 東京パン

『明太子フランス(162円)』。

まずは、「明太フランス」ではなく「明太子フランス」とちゃんと称しているところに1ポイント。

東京のパン屋さんは、なぜか「明太子」の「子」抜いてるお店が多いんです。

別にどちらでも良いことなんですが、明太子好きにとってはちゃんとフルネームの方が嬉しいのですよね。

味は変わりませんがね。

どん助さんの明太子フランスは、見た目はとても好みです。

そして断面は↓↓↓

【東新宿】通うと楽しい個性的なパン屋さん『パン家のどん助』感想 - 東京パン

なかなか理想的な明太子パワーバランスだなと。

味も良い感じなんですが、何より「噛んだ時の香ばしさ」が独特だなと。

噛み切ろうと、歯をグッと差し込んだ瞬間に口に広がる「風味」と言いますか「香り」と言いますか、香ばしさがちょっと独特なんですよね。

表現が難しいので2回言いました。

ホント、独特です。(3回目)

フランスパン生地の噛み応えもやや強めでちょうど良い感じです。

素晴らしい!

1番好きな明太子フランスのお店が閉店しちゃって、理想の明太子フランスをずっと探してたのですが、どん助さんの明太子フランスはかなり上位だと思います。

が!1位にはならない。。。くぅ!

昔、電子レンジに入らない超ロングな明太子フランスを食べた記憶があるんだけど。。。なんだっけ??

まぁ、とにかく『パン家のどん助』さんのハードは良い感じです!

そして次↓↓↓

【東新宿】通うと楽しい個性的なパン屋さん『パン家のどん助』感想 - 東京パン

お店の奥でタダならぬオーラを醸し出す包のパンが気になりすぎて購入。

中身は↓↓↓

【東新宿】通うと楽しい個性的なパン屋さん『パン家のどん助』感想 - 東京パン

『カルピスバタークリームサンド(129円)』。

思い切り紙に包まれていたので中身は確認できなかったのですが、買わずにいられない雰囲気だったので購入してみました。

いわゆる「ミルクフランス」的なやつです↓↓↓

【東新宿】通うと楽しい個性的なパン屋さん『パン家のどん助』感想 - 東京パン

中に挟まってるのは「カルピスバタークリーム」です。

クリームバターを爽やかジューシーにしたイメージが伝わりやすいかと。

フランスパン生地なので、ハードな噛み応えにジュワっと甘味が追いかぶさってくるイメージですね↓↓↓

【東新宿】通うと楽しい個性的なパン屋さん『パン家のどん助』感想 - 東京パン

伝わりにくい表現ですみません。

要は、「パクパクいけちゃいますよ!」ということです。

ミルクフランスにも色々ありますが、やはりハード系の方が甘辛ミックスな感じで食べ良いと思います。

好きです!!

そして、『パン家のどん助』さん人気No.1の↓↓↓

【東新宿】通うと楽しい個性的なパン屋さん『パン家のどん助』感想 - 東京パン

『ネコの手 ゴマあんぱん(129円)』。

猫の手の形をしたあんぱんで、中はギッシリこしあん↓↓↓

【東新宿】通うと楽しい個性的なパン屋さん『パン家のどん助』感想 - 東京パン

かと思いきや、ゴマも一緒に寝られているので甘さは控えめで風味が良いです。

一度食べてみると人気の理由がわかります。

「餡子好きだけど甘すぎるのはちょっと…」という人に丁度いい「ぎっしり餡パン」です。

これも好き♪

そして、もう一つ「ベーコンエピ」も買っていたのですが、写真のとり忘れです。

これまた、噛みついたときの風味&香ばしさが独特で、食感もちょっと変わってます。

良い感じです。

『パン家のどん助』さんのハード系は、王道を熟知しつつ個性を追求しているイメージでした。

他のパン屋さんが、「フランスパンとは!」を極めようとしているところを、どん助さんは「うちのはこうだ!」とブレない感じ。

窯が違うのかな?火力かな?

なんとなく「和」を感じるフランスパンの印象です。

独特です。

気になる人は是非チェックしてみてください♪

と言うわけで、『パン家のどん助』さんの個人的な評価ですが・・・

3.9点

・・・というところでしょうか。

『パン家のどん助』さんのパンは独特で良い感じだったのですが、感動いや「パン動」にはちょっと足りなかったかなという感想です。

ほんの少しです。

ですが、「また行きたくなる」魅力がたくさん詰まってるパン屋さんだと思います。

「今日は何があるかな?」って毎日が楽しくなるパン屋さんだと思います!

以上です。

Byさちお

<店舗情報>
パン家のどん助
03-3203-6671
東京都新宿区新宿7-13-3
食べログ

RelatedPost




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.