【丸の内】フランス小麦パン『ブラッスリー ヴィロン 丸の内店』感想


【丸の内】フランス小麦パン『ブラッスリー ヴィロン 丸の内店』感想

どうも!さちおです。

本日のパン歩(ぱんぽ)は「丸の内」エリアにて、東京駅 丸の内南口から徒歩1分の場所にある『ブラッスリー・ヴィロン 丸の内店 (Brasserie VIRON)』さんにお邪魔しました↓↓↓

【丸の内】フランス小麦パン『ブラッスリー ヴィロン 丸の内店』感想

『ブラッスリー・ヴィロン(Brasserie VIRON)』さんは、渋谷で人気のパン屋さんですね!

渋谷店は2003年オープンで、丸の内店さんは2004年オープンです。

渋谷店はチェック済みなので、今回は両店舗の比較も兼ねての訪問です。

丸の内店は、通り沿い横に広い店舗でオープンテラスがあります。

渋谷店と同じくイートイン(カフェスペース)があって、カフェ専用のメニューもあります↓↓↓

【丸の内】フランス小麦パン『ブラッスリー ヴィロン 丸の内店』感想

店内は広く、パンの種類も豊富で気持ちの良い空間が広がってます。

イートイン席は、全部で54席あるので平日であれば並ばずに入れると思います。

と言うわけで、本日のチョイスはこちら↓↓↓

【丸の内】フランス小麦パン『ブラッスリー ヴィロン 丸の内店』感想

『エピ・ラルドン(440円)』。

“レトロドール生地を麦の穂の形に成形し、グリュイエールチーズとパンチェッタを入れて焼き上げました。”

このチーズたっぷりで食欲を誘うビジュアルね↓↓↓

【丸の内】フランス小麦パン『ブラッスリー ヴィロン 丸の内店』感想

裏にもチーズが確認できます↓↓↓

【丸の内】フランス小麦パン『ブラッスリー ヴィロン 丸の内店』感想

大きさに比べてベーコンが控えめな印象ですね↓↓↓

【丸の内】フランス小麦パン『ブラッスリー ヴィロン 丸の内店』感想

食べてみると、やはりチーズの多さはガツンと来ますね!

チーズが乗ってるベーコンエピも何種類かありましたが、チーズの量はダントツで一番ですね!

ベーコンエピ好きでチーズ好きには堪らないエピかなと。

チーズが多い分、全体的に味が濃厚になってますので飲み物と一緒にゆっくり楽しむのが良いエピですね♪

その分、脂っこくなってしまってるので、脂が気になる人は誰かとシェアが良いかなと。

サイズも、約30cmとトップクラス。

浅野屋さんのエピと良い勝負の巨大さだと思います。

小さくカットして、ワインと一緒に上品に召し上がるのにちょうど良いエピだと思いますね♪

そして次↓↓↓

【丸の内】フランス小麦パン『ブラッスリー ヴィロン 丸の内店』感想

『クロワッサン(320円)』。

“フランスのエシレ村でしか作られない上質な発酵バター、エシレバターをたっぷり使用したクロワッサン”↓↓↓

【丸の内】フランス小麦パン『ブラッスリー ヴィロン 丸の内店』感想

見た目の通り、サクホロ感は良いです↓↓↓

【丸の内】フランス小麦パン『ブラッスリー ヴィロン 丸の内店』感想

サクホロ重視の人には理想的ですが、中はモチっとしてほしい人には物足りないかもです。

しかし、流石という仕上がりのクロワッサンは食べ応えがりますね!

美味い♪

と言うわけで、『ブラッスリー・ヴィロン 丸の内店 (Brasserie VIRON)』さんの個人的な評価ですが・・・

4.1点

・・・くらいかなと。

やはり大人気店ですので味・技術ともに良いのですが、前回も気になった「価格」が高いんですよね。

パンは、一般よりやや高いくらいですが、イートインでドリンクを頼んで食べて帰ろうとするとランチで2000円を超えてしまうんですよね。

せっかくお洒落なお店だから店内で食べて帰りたいなと思っても、毎回2000円を超えるとなるとなかなか通えないなと・・・

価格に対しての内容は相応なので、デートなんかで使うのに良いお店かもしれないですね!

特別な日の為のパン屋さん♪

そんなお店だと思います。

以上です!

Byさちお

<店舗情報>
ブラッスリー・ヴィロン 渋谷店
03-5458-1776
東京都渋谷区宇田川町33-8 塚田ビル 2F
https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13004627/

\ SHARE /

おすすめ関連記事