【自由が丘】ベーコンエピなら人気のパン屋『浅野屋』さんが最強です。


【自由が丘】ベーコンエピなら人気のパン屋『浅野屋』さんが最強です。

どうも!さちおです。

パンの種類の中でどれが一番好きかと聞かれると、僕は『ベーコンエピ』と応えます。

今まで食べたベーコンエピの中で一番なら『ブランジェ浅野屋』さんのベーコンエピでしょう。

ベーコンエピとは?

『ベーコンエピ』とは、フランスパン生地でベーコンを包んで『麦の穂』の形をしたハード系のパンです。

ベーコン入りで食べやすい形なので、子供から大人まで幅広く愛されているパンなんじゃないかなと。

浅野屋さんのベーコンエピ

『ベーコンエピ』は、パンとベーコンのコンビネーションで『基本的に美味い』のです。

その『基本的に上手い』ベーコンエピの中で最も美味しいベーコンエピが、『ブランジェ浅野屋』さんのベーコンエピだと僕は思います。

300軒近く東京のパン屋&カフェを回って、ベーコンエピは優先的に食べてきました。

味、ボリューム、歯ごたえ、余韻、どれをとっても浅野屋さんを勝るベーコンエピは無かったなと。

ブランジェ浅野屋 自由が丘店

と言うわけで、久しぶりに浅野屋さん自由が丘店に行ってきたのでレポートです↓↓↓

【自由が丘】ベーコンエピなら人気のパン屋『浅野屋』さんが最強です。

自由が丘駅、正面口ロータリーから左方向へ、線路を渡ってすぐ右に大井線沿いに入る入り口があります。(ちょっとわかりにくい)

ずずずいと入っていくと浅野屋さん。

この看板が目印です↓↓↓

【自由が丘】ベーコンエピなら人気のパン屋『浅野屋』さんが最強です。

2階建てで、1階が販売スペース、2階がイートインスペースになっています。

パンは、焼きあがって(一部のパンを除いて)時間が経つほどに味が落ちます。

なので、「明日食べる」なんて選択肢はありません。

イートインが無ければ近所の公園やベンチで、1秒でも早く食べるのが『パン道』の鉄則です。

電車を眺めながらパンを食べる

そして、浅野屋さん自由が丘店のイートインの面白いのが↓↓↓

【自由が丘】ベーコンエピなら人気のパン屋『浅野屋』さんが最強です。

電車を見ながらパンを食べられるところ。

パン好きで鉄道好きにはたまらない『パン鉄スポット』なんですよねぇ

と言うわけで、今回のチョイスはこの二つ↓↓↓

【自由が丘】ベーコンエピなら人気のパン屋『浅野屋』さんが最強です。

『ベーコンエピ』と、期間限定の『はちみつリーフ ごま×ごま』です。

日本一好きな「ベーコンエピ」

【自由が丘】ベーコンエピなら人気のパン屋『浅野屋』さんが最強です。

浅野屋さんのベーコンエピは、他のパン屋さんのベーコンエピと比べて遥かに多いいです。

「パンは大きいほど美味しい」と言いますから、このハードな層と中のソフトな層を平等に楽しむにはこのサイズがベストだったんだろうと思います。

デカいです↓↓↓

【自由が丘】ベーコンエピなら人気のパン屋『浅野屋』さんが最強です。

浅野屋さんのベーコンエピは、生地も美味しいのですが、ベーコン自体も美味しいです。

ベーコンだけお土産で買って帰りたいくらい、お酒のつまみに良いんじゃないかという美味しさです。

そして、このサイズを一気に口に放り込んでひたすら噛み続けるのが好きです。

普段、あまり物を噛まずに食べがちなのですが、これはめっちゃ噛みます。

僕流のパンの楽しみ方

パンは、食べる前(見た目・香り)、噛んだ瞬間(歯ごたえ・飛び散り)、噛みしめ(味・唾液との反応)、飲み込み(後味・余韻)、ドリンク(相性・リセット・再食欲)の段階で楽しみがあります。

(細かく言うともっとあるのですが割愛。)

一般的に美味しいと言われるパンは噛みしめ始めの『瞬間的な感情』が多いですが、これは『とりあえず甘くしてけば』対外が『美味しい』と感じます。

いわゆる、『美味しさの瞬発力』的な。

そして、本当に美味しいパンは『噛みしめ中』の、いわゆる「噛めば噛むほど」という時間にあります。

こっちが『美味しさの持久力』的な感じですね。

この時間は、目を閉じて味に集中することをオススメします。

言い方が汚いですが、『唾液との化学変化』まで計算されているパンが本当に美味しいパンだと僕は思います。

浅野屋さんのベーコンエピはそれです。

生地、組み合わせのバランスが絶妙に楽しい時間をくれるので素晴らしいと思っています。

「噛め噛め(噛めば噛むほど)系」で言うと、軽井沢の「フランスベーカリー」さんのフランスパンも凄かったです↓↓↓

参考:フランスベーカリー

はちみつリーフ ごま×ごま

【自由が丘】ベーコンエピなら人気のパン屋『浅野屋』さんが最強です。

こちらは、期間限定の『はちみつリーフ ごま×ごま』です。

こちらもハード系ですが、どちらかというと焼菓子寄りですね!

パンとクッキーの間のような食感で、甘過ぎずなゴマの風味とはちみつの甘さが絶妙なバランスでまとまってます↓↓↓

【自由が丘】ベーコンエピなら人気のパン屋『浅野屋』さんが最強です。

これは女性が好きかもです。

お土産に良いかも。

「ごまごま系」だったら、代々木上原の「マンマーノ」さんの「白ゴマと黒糖のバトン」が凄かったですね。

浅野屋さんは海外にも進出中

浅野屋さんは、関東を中心に、海外にも合計11店舗展開しているパン屋さんです。

ベーコンエピの他にも美味しいパンが沢山あるので、また別の機会に紹介したいと思います。

『巨大パン』系もオススメです。

そんなわけで、久しぶりの自由が丘を満喫した僕でした。

【自由が丘】ベーコンエピなら人気のパン屋『浅野屋』さんが最強です。

ではまた。

Byさちお

参考:ブランジェ浅野屋 WEBサイト

おすすめ関連記事

\ SHARE /