【鷺ノ宮】「銀座に志かわ」高級食パンがここでも買える穴場-感想


【鷺ノ宮】「銀座に志かわ」高級食パンがここでも買える穴場-感想-00

どうも!さちおです。

本日のパン歩(ぱんぽ)は「中野区」エリアにて、西武新宿線 鷺ノ宮駅から徒歩3分の場所にある”水にこだわる高級食パン”「銀座に志かわ」鷺ノ宮店にお邪魔しました。

新宿西口店で買えないときに電車1本で行ける穴場の店舗です。

水にこだわる高級食パン「銀座に志かわ」

空前の「食パン」ブームの中、2018年に新たに登場した「銀座に志かわ」さん。

代表取締役社長である「髙橋仁志(たかはし ひとし)」氏の名前からその店名が決まったそうです。

「乃が美(のがみ)」をはじめ食パン専門店にも色々ありますが、銀座に志かわさんの”こだわり”は「水」。

どこかの名水を使っているのかと思いきや「アルカリイオン水」。

天然水よりもPh値を高め、各種ミネラルバランスを添加したアルカリイオン水を使用することで絹のようにしっとりした耳、淡雪のような口どけのほんのり甘い食パンになっています。

参考:銀座に志かわ WEBサイト

意外な「穴場」鷺ノ宮店

【鷺ノ宮】「銀座に志かわ」高級食パンがここでも買える穴場-感想-02

銀座に志かわさんの店舗は、全国に100店舗以上あります。

そのうち、都内にあるのが本店の銀座店を含め10店舗。

都内では新宿西口店が通いやすいようで、タイミングによっては売り切れていることも多いそうです。

もし新宿西口店が最寄りなのであれば、新宿から西武新宿線に乗り換えて急行で2駅目にある「鷺ノ宮店」が穴場です。

鷺ノ宮は住宅街なので、住民以外の乗り降りが少ない駅なので狙い目なんですね。

この日も、予約無しで購入することができました↓↓↓

【鷺ノ宮】「銀座に志かわ」高級食パンがここでも買える穴場-感想-03

この看板で当日購入ができるかがわかります。

あらかじめ電話予約しておくと確実ですね。

(…と言うか、そもそも新宿西口店も予約すれば買えるんですけどね)

僕のように「予約せずにGETする喜び」が好きな人には鷺ノ宮店がオススメです。

銀座に志かわの食パン(880円)

【鷺ノ宮】「銀座に志かわ」高級食パンがここでも買える穴場-感想-04

銀座に志かわの食パンのこだわりは仕込み水に使用している独自のアルカリイオン水。

小麦粉はカナダ産で、生クリーム、バター、はちみつなどを使用。

乃が美(のがみ)の食パンもカナダ産の小麦粉なので、水以外は似ている印象です。

乃が美(のがみ)はバターだけでなく、マーガリンも合わせてコクを出す演出をしています。

似ているようで、それぞれ違うこだわりがあるんですね。

銀座に志かわの食パンの美味しい食べ方

【鷺ノ宮】「銀座に志かわ」高級食パンがここでも買える穴場-感想-05

銀座に志かわの食パンには「おいしい食べ方」があります。

3日に分けて楽しむ方法がWEBサイトにあるので、それに合わせて食べ比べてみます。

まず1日目は「何もつけずにそのまま」。

いわゆる「生食パン」状態で食べます。

食べてみると、思ったより感動しなかったのが第一印象。

少し前に、自宅で「おうち乃が美」で食パンを食べ過ぎたせいかもしれません↓↓↓

参考:ブログ内で「おうち乃が美」を検索

おうち乃が美も高級食材で作っていたので、高級食パンに慣れてしまったようです。

もちろん美味しいですが「予想を上回ることはなかった」という感じです。

乃が美もそうでしたが「生食パンは2日目が本気の味」です。

残りのパンは、袋の口をちゃんと閉めて常温で保管します。

生食パンの美味しい温め方

【鷺ノ宮】「銀座に志かわ」高級食パンがここでも買える穴場-感想-09

そして2日目も生食パン状態でいただきます。

2日目はしっとり落ち着き、甘みが増します。

生食パンはトーストしてしまうと「生」ではなくなるので「レンチン」します。

レンチンする際は、お皿に箸をはわせて、その上に底を浮かすように断面を上にして置きます。

パンをしっかり見ながら温め、湯気が出始めたと同時に取り出します。

これで程よい温かさと食感になります↓↓↓

【鷺ノ宮】「銀座に志かわ」高級食パンがここでも買える穴場-感想-10

乃が美は2日目に感動したのですが、銀座に志かわの2日目はそれほどでもない?

完全に食パンの食べ過ぎのせいですね。

2日目の食パンには、よつ葉の「パンにおいしいバター」シリーズを合わせるのがオススメです↓↓↓

よつ葉のバターは、最近ではSEIYUでも買えるので嬉しいですね。

成城石井だと種類が豊富です。(店舗により)

「パンにおいしい はちみつ&バター」を見かけたら必ず買います。

銀座に志かわは「トースト」がオススメ

【鷺ノ宮】「銀座に志かわ」高級食パンがここでも買える穴場-感想-07

そして3日目はトーストで食べます。

厚めにカットして、切れ目を入れて、「お洒落焼き」をします。

お洒落なカフェって、こんな焼き方するよね。

トーストすることで、外はカリカリ、中はモチモチになります。

僕は初日にトーストをしましたが、銀座に志かわさんの食パンはトーストしたほうが美味しい印象を受けました。

耳が甘くてサクサクするので、全体的に美味しく楽しいです。

乃が美(のがみ)の創業は2013年、やはり銀座に志かわさんの食パンは「二番煎じ」感が否めないなと。

それなら、初日から贅沢な食べ方をして楽しもうかなと。

銀座に志かわの食パンの最高の食べ方

【鷺ノ宮】「銀座に志かわ」高級食パンがここでも買える穴場-感想-08

何通りか食べ方を試した結果、「あんバタートースト」にするのが最強でした。

もともと、銀座に志かわさんの食パンは「和食にも合う」というのもウリにしています。

和惣菜も合わせてみたのですが、食パンが勿体無い気がしてイマイチでした。

ただ、あんバタートーストにした時のパンとあんこの相性が凄いなと。

今回は、あんもバターも成城石井で購入した「ちょっといいやつ」です。

Amazonでも買えますね↓↓↓

この組み合わせが最高に美味しかったです。

バターはこの量だと足りないので追加します。

全体的にもっさりしそうな印象ですが、耳が厚くサクサクしているので絶妙です。

ホットコーヒー(ブラック)か日本茶に合わせて召し上がれ。

銀座に志かわの個人的な評価

最後に銀座に志かわさんの個人的な評価ですが・・・

3.8点

・・・くらいでしょうか。

銀座に志かわさんの食パンは美味しいのですが「許容範囲内の美味しさ」という印象です。

後から出てきたのであれば、これまでにない「新たな感動」が欲しかったなと。

また、店名に「銀座」とついていなかったら美味しさの印象も大きく変わるんだろうなと。

そう考えると、かなり奥が深い食パンブームだと思います。

以上です。

Byさちお

<店舗情報>
銀座 に志かわ 鷺ノ宮店
03-5327-8861
東京都中野区鷺宮3-20-5
https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132104/13243636/

おすすめ関連記事

\ SHARE /